ロタウイルスワクチン
Rotavirus Vaccine

ロタウイルスは主に乳児から幼児、更には大人にも下痢や嘔吐の胃腸炎の症状をもたらすウイルスです。日本ではノロウイルスがよく話題になりますが、実はロタウイルスは、最も多い食中毒の原因ウイルスと報告されています。幼い乳児が感染すると脱水症状がひどく、入院になることが多くあります。アメリカではワクチンが一般的になって、ロタウイルスの発生件数は激減しました。ワクチンが施行される前までは、毎年50人ほどの5歳以下の子供たちが、ロタウイルスにより亡くなっていたそうです。それがワクチン施行後はほとんど見なくなるほどの成果を収めました。

乳児の胃腸炎は、稀にですが深刻な状態をもたらします。実際、アフリカなど設備の整っていない地域では、感染による胃腸炎が乳児の死因の多くを占め、日々たくさんの幼い命がなくなっています。これは極端な例ですが、一般的に言っても、幼い子供の胃腸炎を防ぐということが、どれだけ重要かが伺い知れると思います。

アメリカで最初のロタウイルスワクチンは、”腸重積”という腸が折り重なってしまう重篤な病気を引き起こす可能性が見つかったため接種が撤回されました。普通であれば3万人に1件の確率で起こる腸重積が、ワクチン接種者では1万人に1件起こったという、ごく稀な副作用でした。しかし、その後すぐ新しいワクチンが開発され、そのワクチンには腸重積の危険性は無いと確認されています。しかしながら、ロタウィルスワクチンを受ける前に、別の理由で腸重積を経験したことのある子供にはこのワクチンは禁忌とされているので、接種することは出来ません。

このワクチンは子どもに投与されますが、実は大人たちの世界にも大きな利益をもたらします。アメリカの調査によると、ワクチン施行後、ワクチンを受けていないのにもかかわらず、大人たちのウイルス感染件数が減っていることがわかりました。子供たちをワクチンで免疫することで、社会全体への負担を減らすことに成功したと言われ話題になりました。

このワクチンは、アメリカで子どもが一般的に接種するワクチンの中では唯一の経口ワクチンで、乳児でも簡単に飲めます。2ヶ月時から始めます。ロタリックスとロタテックの2種類があり、ロタリックスは4週間隔で2回、ロタテックは4週間隔で3回接種します。

以下は日本語のワクチン案内です。とても詳しくわかりやすく紹介されていますので、ご参照ください。

http://www.know-vpd.jp/vc/vc_nw_rota.htm

文責:浅井 章博

最終アップデート:2014年1月