注意事項

使用前に必ずご覧ください!

  • 健康な成人向けの情報です
  • 妊娠中・授乳中の方は主治医と相談を
  • 服用管理は自己責任で
  • 市販薬使用の際には、商品の注意事項をよく読み、用法用量を守ってください
  • 詳しくはこちらを参照

免責に関してはこちらを参照

あめいろぐの活動を
ご支援ください。

下痢

薬品分類:下痢止め
薬局陳列:Antidiarrhea
下痢の原因として最も多いものが、ウィルスや細菌の感染です。感染性の下痢は、有害物質を体外に排出させようとする自然な防衛反応です。このような場合にむやみに下痢を止めることで、かえって症状が悪化、もしくは長引くことがあります。

よって、Loperamideのように腸の運動を強力におさえる下痢止めは、感染性の下痢にはあまりお勧めできません。感染が原因でない下痢(一時的な精神的ストレスや過敏性腸症候群)には内服しても構いませんが、判断が難しいことが多いので、下痢で悩んでいる場合は医師の受診をお勧めします。

また、Lactobacillus Acidophilus(日本で言うビオフェルミン、乳酸菌)は、腸のバランスを整える薬ですので、副作用も少なく下痢症状を和らげます。

下痢が続くことで、脱水となることがよくあります。下痢があるときは、普段以上に水分摂取を行うようにしてください。特に、高齢者の場合は軽い下痢でも脱水になりやすく、症状が出にくいので、早めに医療機関を受診するようにしてください。頻回の下痢で脱水症状が激しいときは、必ず救急を受診してください。
この症状カテゴリのOTC薬:
ページトップへ↑