記事を探す

あめいろぐの活動を
ご支援ください。

ブログについて

アメリカで得られないものが日本にあるように、日本では得られないものがアメリカにはある。感染症、予防医学、公衆衛生学について、ニューイングランドでの日常を織り交ぜつつ、考えたことを記していきたい。

青柳 有紀

Clinical Assistant Professor of Medicine(ダートマス大学)。国際機関勤務などを経て、群馬大学医学部医学科卒(学士編入学)。現在、アフリカ中部に位置するルワンダにて、現地の医師および医学生の臨床医学教育に従事。日本国、米国ニューハンプシャー州、およびルワンダ共和国医師。米国内科専門医。米国感染症専門医。米国予防医学専門医。公衆衛生学修士(ダートマス大学)。

青柳 有紀のブログ

カテゴリーアーカイブ: 医学教育

おすすめ
メディカル向け
2013/08/10

千の丘の国から:国際医療協力に向けて

6月末に6年間過ごした米国を離れ、日本に一時帰国したのち、先週、ルワンダ(「千の丘の国」という意味です)に到着しました。前回の滞在ではメリーランド大学のチームの一員として現地でのHIV治療のトレーニングに従事することが目 … » 続きを読む

2013/01/12

ルワンダにおける臨床医学教育

昨年11月初旬から4週間にわたり、中部アフリカに位置するルワンダ共和国において、HIV診療および臨床医学教育に従事する機会に恵まれました。   ルワンダは、26000平方キロメートルほどの小規模な国土に、1千万 … » 続きを読む

おすすめ
メディカル向け
2012/04/30

Preventive Medicine Residency 2

レジデントあるいはフェローとしてフルタイムの給与を与えられながら、5万ドル以上もする大学院修士課程の学費がサポートされるという機会が、自国民のみならず、外国人にまで開かれているということは、にわかには信じ難いことかもしれ … » 続きを読む

2011/12/12

Certificate in Travel Health・2

今年、私が所属している施設からは、私を含めて、トラベル・クリニックで10年以上診療に関わっているナースのベッツィと、アテンディング(指導医)のルタの3人が受験しました。   ISTMのウェブサイトにある案内と、 … » 続きを読む

ページトップへ↑