ポリオワクチン
Polio Vaccine

ポリオウイルスは主に脊髄に感染するウイルスです。感染しても約95%は無症状ですが、約1%の確率で脊髄に炎症を起こし、弛緩性麻痺(小児まひ)を生じるのが特徴です。WHOによる世界ポリオ根絶計画が提唱されて以降、ポリオ症例数および流行地域は着実に減少し、日本では1980年から30年以上、野生のポリオウイルスによる小児まひの患者は出ていません。

米国では不活化ワクチン(IPV: inactivated polio vaccine)を2000年以降使っており、経口生ワクチンは使用していません。日本では以前は、経口生ワクチン(OPV: oral polio vaccine)を使用していましたが、2012年以降はやっと不活化ワクチンを使用するようになりました。

米国での不活化ワクチン(筋肉注射)の標準的な接種時期は生後2か月、4か月、6か月-1歳半の3回と、4-6歳の間の追加接種の計4回です。仮に、日本で経口生ワクチンの接種歴があれば、その回数は考慮され、足りない分が不活化ワクチンで追加されます。日本では生後3ヶ月から12ヶ月の間に3回接種し、その後、追加接種として2歳半から3歳の間にもう一回接種するように勧められています。この期間中でなくても7歳半以下なら追加接種が出来ます。どちらの接種パターンでも良いので、一度は追加接種をしましょう。

その他、詳細はこちらのリンク先を参照してください。アメリカの感染症とワクチンの公的機関であるCDCのサイトが公表している日本語の案内です。

http://www.immunize.org/vis/jp_pol00.pdf

文責:佐々木 潤、浅井 章博

最終アップデート:2014年1月