記事を探す

あめいろぐの活動を
ご支援ください。

ブログについて

大阪出身の妻と2児の子育て奮闘中。子育ては最高の小児科学の教科書です。モットーは“think globally, act locally, and love your family”。小児科・神経学・医学教育を世界で学び、グローバルな視野を持つ後進を育成することが夢です。

桑原 功光

北海道出身。2001年旭川医科大学卒業。1年間の放射線科勤務の後に岸和田徳洲会病院で初期研修。都立清瀬小児病院、長野県立こども病院新生児科、在沖縄米国海軍病院、都立小児総合医療センターER/PICUと各地で研鑽。2012年-2015年にハワイ大学小児科レジデント修了。2015年-2018年にテネシー州メンフィスで小児神経フェロー修了。2018年7月より臨床神経生理学(小児てんかん)フェロー。日米両国の小児科専門医。

桑原 功光のブログ
おすすめ
一般向け
2018/11/26

渡邊雄太選手とこどもたちへのバトン

今回は医学や小児神経とはちょっと離れたお話しをしたいと思います。 私は昔から、他の人が選ばないような道を選ぶ傾向があったように思えます。確か7歳の誕生日(昭和57年)に両親に頼んで買ってもらったのが「100点コミック」と … » 続きを読む

おすすめ
一般向け
2018/09/03

いわた書店と小児神経科医の過去の邂逅

医療従事者へその道を目指したきっかけを質問する場合、「自身が病弱だった」「人助けが好き」など何かしらのストーリーをある程度期待し、聞き手も想定するものである。私もこの手の質問を度々受けるのだが『なぜ小児神経科医になったの … » 続きを読む

おすすめ
メディカル向け
2018/06/07

意思の具現化:世界最大の小児がん施設 セントジュード小児研究病院

メンフィスに暑い夏がやってきました。アメリカの病院の各年度は6月に終わり、7月から新しいレジデントやフェローがやってきます。私の3年間にわたる小児神経トレーニングもあと1ヶ月を切りました。 テネシー州メンフィスにはバーベ … » 続きを読む

おすすめ
メディカル向け
2018/03/26

サクラはもうすぐですよ

久しぶりの更新になります。3月になり、今年もアメリカでのレジデントマッチングが発表されました。マッチした方、おめでとうございます。そして、残念なことにマッチできなかった方は、今は心痛で何も考えるゆとりがない頃だとお察しし … » 続きを読む

おすすめ
一般向け
2017/05/17

小児神経とアイスホッケー 前編

しばらくぶりの更新です。メンフィスでの小児神経フェローシップもあと1年ほどとなりました。忙しい日々とはいえ、日本に比べると、家族を省みる時間があるのがアメリカ医師生活のいい点です(日本の医師生活は家族を犠牲にしなくてはい … » 続きを読む

おすすめ
一般向け
2016/06/21

実習医学生・臨床留学者のためのメンフィス基本情報 生活編

アメリカといえば、サンフランシスコ・ロスアンゼルス・シアトルなどの西海岸や、政治の中央であるワシントン、大都市のニューヨーク・シカゴ、日本人が大好きなハワイなど、一般的に華やかなイメージを持つ街を思い浮かべる方も多いと思 … » 続きを読む

おすすめ
メディカル向け
2016/04/04

Delta Regional Authority Waiver – ミシシッピ流域でのJ-1 waiver

ついに新年度となる4月になりましたね。実はメンフィスやその郊外のジャーマンタウンには桜の木が多く、道のいたるところで満開の桜を目にすることができます。「ふるさとは遠きにありて思ふもの」ですね。 こうした四季の変化を見るに … » 続きを読む

おすすめ
メディカル向け
2016/03/09

小児神経科と行動発達科の違いについて 後編

私は個人的には、発達障害・学習障害・自閉症のこどもたちに対しては、医師が病院でできることはもう限られていると感じています。一般的に、医師による診療よりも、家族や教育、福祉援助という社会的な機関そのものが、こうした患児の予 … » 続きを読む

ページトップへ↑