記事を探す

あめいろぐの活動を
ご支援ください。

ブログについて

大阪出身の妻と2児の子育て奮闘中。子育ては最高の小児科学の教科書です。モットーは“think globally, act locally, and love your family”。小児科・神経科・医学教育を世界で学び、グローバルな視野を持つ後進を育成することと、息子たちとアイスホッケーを生涯続けることが夢です。

桑原 功光

北海道出身。2001年旭川医科大学卒業。1年間の放射線科勤務の後に岸和田徳洲会病院で初期研修。都立清瀬小児病院、長野県立こども病院新生児科、在沖縄米国海軍病院、都立小児総合医療センターER/PICUと各地で研鑽。2012年-2015年 ハワイ大学小児科レジデント修了。2015年-2019年 テネシー州メンフィスで小児神経フェロー、臨床神経生理学(小児てんかん)フェロー修了。2019年9月よりミシガン州デトロイトのChildren's Hospital of Michiganで小児神経科&てんかん医として勤務開始しました! 日米両国の小児科専門医&米国小児神経科専門医。

桑原 功光のブログ
おすすめ
メディカル向け
2019/01/22

【フェロー募集】Children’s Hospital of Michiganでの神経生理・小児てんかんフェロー募集

Children's Hospital of Michigan (Detroit, MI)の小児神経科で大活躍されている浅野英司教授より、同病院で"Clinical Neurophysiology / Epilepsy Fellowship" の2019年7月開始の枠に空きが出たため追加募集をしており、日本人で臨床留学に興味がある方に情報を広めて欲しいと連絡を受けました。このあめいろぐを通じて通知させてください。
浅野英司教授はミシガンを代表する病院で、てんかん手術の中心となり大活躍されておられます。私も非常にお世話になっております。さらに日本からさまざまな医師が浅野英司先生の元に絶えず研究留学に来られており、日本人医学生も頻繁に短期留学されています。デトロイト周辺はアメリカの中でも日本人が多い都市であり、デトロイト空港には日本からも直航便があり(日本語でもアナウンスが流れて、日本語の看板もある!)、日本人に取って非常に住みやすい街でしょう。過去に数多くの日本人医師がこのfellowshipを経た後に、Pediatric ResidentやPediatric Neurology Residentにマッチしています。
Program directorのDr.Aimee Luatも私自身が過去に何度もお会いしたことがありますが、とても優しく誠実な方です。
もし小児神経の分野で臨床留学に興味がある方は、ぜひ連絡を取ってみるのが良いと思います。

情報までに。

--------
神経内科、小児科(小児神経科)、脳神経外科、ないし、てんかん学の臨床研修を日本で終えた方で、アメリカでの臨床留学を希望する方向けの情報です。

今夏、臨床神経生理・てんかん学の臨床フェローのポジションに空きがあります。興味のある方はご連絡ください。

浅野英司 (ミシガン小児病院神経診断部部長、ウェイン州立大学小児科、神経内科教授)
電子メール:easano {at} med.wayne.edu; {at}を@に変えてください)

Clinical Neurophysiology/Epilepsy Fellowship – Children's Hospital of Michigan & Wayne State University, Michigan, USA.
Start date: July 1, 2019.
End date: June 30, 2020.

We have an opening for an ACGME-accredited pediatric epilepsy fellowship. Exceptionally qualified applicants who did not complete an ACGME-accredited neurology or pediatric neurology residency in the U.S. but completed a relevant training in overseas will also be considered depending upon the assessment of the review committee. Satisfactory completion of the U.S. M.L.E. Steps 1, 2 and if applicable Step 3 is required.

This fellowship program provides outstanding experience as listed below.
(i) Clinical management of patients with epilepsy.
(ii) Neonatal, pediatric and adult EEG.
(iii) Long term video-EEG monitoring.
(iv) Functional brain mapping using evoked potentials and event-related spectral changes.
(v) Functional brain mapping using electrical stimulation.
(v) Multimodality neuroimaging modalities including PET, fMRI, and DTI.
(vi) Epilepsy surgery following intracranial EEG monitoring. There are plenty of opportunities to write papers in neurophysiology, neuroimaging, genetics and neuropsychology.

Our division currently has a five active NIH R01 research grant directly related to pediatric epilepsy. Children's Hospital of Michigan is the only pediatric institute in the world with its own PET Center and cyclotron. The fellow will gain valuable experience for academic career or private practice. Please send CV and personal statement along with reference letters.

"Interview via Skype is possible."
"Outstanding public & private schools"

Aimee Luat, MD
Director of Pediatric Epilepsy Fellowship Program
Email – aluat {at} dmc.org (change {at} to @)

Eishi Asano, MD, PhD
Director of Neurodiagnostics
Professor of Pediatrics and Neurology
Email – easano {at} med.wayne.edu (change {at} to @)
ページトップへ↑