記事を探す

あめいろぐの活動を
ご支援ください。

ブログについて

一体手術室の中では何が行われているのか、手術室から見えてくる日本とアメリカの面白い違い、独身心臓外科医の生活・遊び・恋愛など誰も興味ないけど日本にいる医師にはなかなか書きづらい話題を包み隠さず発信しています。

北原 大翔

1983年東京生まれ。2008年慶應義塾大学医学部卒業。モテるために心臓外科になりアメリカ留学を目指す、が、海外生活を嫌がる女性達からことごとく求婚を断られ完全に裏目に。しょうがないので2016年より単身渡米。現在イリノイ州にあるシカゴ大学で心臓胸部外科医として働く。独身彼女なし。日本若手心臓外科医の会で留学ブログを担当(URL:http://jaycs.jp/blog/)。

北原 大翔のブログ
2018/05/19

エクモスペシャリストのパム

エクモスペシャリストは10人以上いる集団なのですが、その中でも注目しているのはパムとウィルソンです。

ウィルソンはアジア系のロン毛、黒髪、黒縁メガネという方向性がよくわからない人で、いいやつなんですが、朝方4時頃に必ず患者の状態についてどうでもいいメールをしてくるのです。どうでもいいことは特にアップデートしなくてもいいよ、どうせ朝回診でみるから、と5回くらい言ってもいまだにメールすることをやめてくれません。新しい嫌がらせなのかもしれません。
パムはいわゆるアメリカンなおばさんで、いい人なんですが、えらいよく喋ってるけど大事な仕事はおろそかにする率がずば抜けて高いです。エクモで呼ばれてパムがいると、あちゃーという感じになります。
先日いつも通りなにかをずっと喋り続けるパムを見かけました。しばらく放っているといつのまにか僕に彼女がいないからどうにかしてあげないと、という話になっていました。その話題はもはや一種のネタ化していて、誰もが実際に働きかけてくれない事実を僕は知っているので、はいはいありがとうございますいつものね、と冷めた感じでいました。すると、パムは近くにいたアジア系の透析レジデントに、彼氏いるの、ヒロどう、などと突然問いかけ始めました。おい、仕事早いな、と思っていると、ヒロ、この紙に電話番号書いて、彼女が気に入ればメール送るから、ラッキーだったらメールくるでしょうね、はい。とテキパキ段取りまで決めていました。すげー、パム、ナイス、と思いました。
適材適所。大事なのは仕事ができるできないとか、そんなことじゃないんだな、と思いました。

一週間たちましたがメールがまだ届きません。彼女の安否が心配です。

 

写真の真ん中がパムです。

 

 

北原 大翔先生への質問はこちらまで↓

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

若手心臓外科医の会 (http://jaycs.jp)で留学ブログを担当。

m3.com(https://www.m3.com)、MediGate(https://www.medi-gate.jp)

でコラムを掲載。

ページトップへ↑