記事を探す

あめいろぐの活動を
ご支援ください。

ブログについて

一体手術室の中では何が行われているのか、手術室から見えてくる日本とアメリカの面白い違い、独身心臓外科医の生活・遊び・恋愛など誰も興味ないけど日本にいる医師にはなかなか書きづらい話題を包み隠さず発信しています。

北原 大翔

1983年東京生まれ。2008年慶應義塾大学医学部卒業。モテるために心臓外科になりアメリカ留学を目指す、が、海外生活を嫌がる女性達からことごとく求婚を断られ完全に裏目に。しょうがないので2016年より単身渡米。現在イリノイ州にあるシカゴ大学で心臓胸部外科医として働く。独身彼女なし。日本若手心臓外科医の会で留学ブログを担当(URL:http://jaycs.jp/blog/)。

北原 大翔のブログ
2018/05/16

若手サージャン

PA(physician assistant, 手術の助手してくれる)のティムは若手サージャンみたいにガツガツしてます。

術後にアイソレーションが必要な患者さんがいてオペナースが皆にガウンを着るよう言ってたのですが、何やらティムが反論していました。ティム的にはこの患者の状態でこんなガウン着る必要はないと。自分の知識と病院のルールとの違いにぶつかり、納得がいかずふざけた感じでガウンを適当に着るティム。若手サージャンぽいなと思いました。笑っているとお前もちゃんと紐しめて着ろとナースから怒られました。

病棟でエクモを入れたあとに今度は病棟の看護師と言い争うティムを見かけました。どうやら手技中にアイガードをつけてなかったことについてナースが怒ってるみたいで、ティムは緊急の時にわざわざつけるのか、みたいな論争でした。若手サージャンぽいなと思いました。僕はまぁまぁそう皆さん怒らずにと笑って言ったらナースに、お前の顔に血液がかかったことが問題になったから言ってんだ、と真剣に怒られました。僕もまだまだ若手サージャンぽいです。

 

写真は心臓外科一年目の夏にとられた若手サージャンぽい風景。あの頃は全てが光り輝いてみえた。

 

北原 大翔先生への質問はこちらまで↓

メール:kitaharahiroto@yahoo.com

若手心臓外科医の会 (http://jaycs.jp)で留学ブログを担当。

m3.com(https://www.m3.com)、MediGate(https://www.medi-gate.jp)

でコラムを掲載。

ページトップへ↑