あめいろぐの活動を
ご支援ください。

水疱瘡ワクチン 2014/10/02

アメリカへ赴任する際、帯同する子供が接種しなくてはならないワクチンの中に水疱瘡があるかと思います。 すでに、子供が2歳のころ水疱瘡にかかっているので今までワクチンの接種は 受ける必要がないと考えていたのですが、アメリカの学校に編入する場合、やはりワクチンの接種は必ず必要でしょうか?  子供が水疱瘡にかかった時に診て頂いた医師に一筆書いていただく必要があるでしょうか?それとも、自己申告でも通用しますか? 宜しくお願いします。
アメリカの学校に入学する際には水疱瘡のワクチン接種が必要なことがほとんどです。しかし、水疱瘡にかかったことがある場合は、ワクチンは必要ありません。
ここで、入学予定の学校に提出する書類にどう記載するかが問題になってきます。州ごとに規定があるはずですが、多くの場合は”Titer"=タイター(免疫力価)を測ることが必要になります。これは、日本の一般病院や診療所で血液検査をすることで測ることができます。それぞれの病原ウィルスについて調べることができます。例えば、水疱瘡を起こすウィルスについてタイターを測る、といった具合です。この数値が、基準値より高い場合はそのウィルスに対して免疫力があるということの証拠になります。日本の診療所では多くの場合が保険適応になるので、費用も低く抑えられるはずです。基準値より低い場合は、以前かかっていてもワクチンを接種することをお勧めします。
この検査の結果を、医師に記入してもらい、アメリカの学校に提出することでワクチンの接種証明の代わりになります。


浅井 章博

(注)これらの情報は回答時点のものであり、随時変更される可能性があります。

« 前の質問へ   22/37   次の質問へ »
Q&A検索
バックナンバー
ページトップへ↑