注意事項

使用前に必ずご覧ください!

  • 健康な成人向けの情報です
  • 妊娠中・授乳中の方は主治医と相談を
  • 服用管理は自己責任で
  • 市販薬使用の際には、商品の注意事項をよく読み、用法用量を守ってください
  • 詳しくはこちらを参照

免責に関してはこちらを参照

あめいろぐの活動を
ご支援ください。
症状カテゴリ:

ASPIRIN

アスピリン

英語名の読み方:
アスピリン
効果・効能:
発熱、喉の痛み、筋肉・関節などの痛み、頭痛、生理痛の緩和
剤形:
内服(錠剤)
米国での商品名の例(読み方):
Asprin、Bayer、St. Joseph
日本での商品名の例:
バファリンA、ケロリン
使い方:
古くからある薬ですが、出血のリスクが高くなるのなどの作用があるため、一般に痛み止め、熱冷ましとして勧められていません。
FDA Pregnancy Category:
C(ただし妊娠後期からはD)
注意事項・副作用:
アスピリンは出血のリスクが高くなるのなどの作用があるため、一般に痛み止め、熱冷ましとして勧められていません。他の用途での使用は医師と相談を。
ページトップへ↑