注意事項

使用前に必ずご覧ください!

  • 健康な成人向けの情報です
  • 妊娠中・授乳中の方は主治医と相談を
  • 服用管理は自己責任で
  • 市販薬使用の際には、商品の注意事項をよく読み、用法用量を守ってください
  • 詳しくはこちらを参照

免責に関してはこちらを参照

あめいろぐの活動を
ご支援ください。

風邪(咳、鼻水)

薬品分類:総合感冒薬、咳止め
薬局陳列:Cold、Cough Medicine
風邪などからくる辛い鼻づまりや咳の感冒症状。鼻水や咳に効く薬は数多くあり、医師と相談する前に自分に合ったものを選ぶのは大変です。ここでは安全に使いやすい、また注意すれば比較的安全に使える市販薬を紹介します。

鼻水・鼻づまりには大きく分けて飲み薬と点鼻薬とがあります。飲み薬としてはPhenylephrineフェニレフリン)が総合感冒薬の成分として使われています。直接鼻にスプレーする点鼻薬の成分としてはOxymetazolineオキシメタゾリン) があります。その他の点鼻剤として、生理食塩水を用いた安全なものがあります。

咳止めには飲み薬、ドロップ・トローチ状のものなどが薬局で見られます。飲み薬は大きく分けてたんを切るものと咳を抑えるものとがあります。Guaifenesinグアイフェナジン)はたん切りとして1回100mg-200mg 、4時間おきに使うことのできる、比較的安全な市販薬です。一方、Dextromethorphanデキストロメソルファン)は咳止めとして1回10mg-30mgで4時間おきに使えます。この薬剤は、多くの総合感冒薬の成分として使われています。商品名にはその頭文字をとって ***-DMなどと記載されることがあります。

鼻づまりや咳といった症状に効く薬効成分は様々あり、総合感冒薬として複数の成分が一つの商品に配合されることがよくあります。用量、用法、種類を確認して、症状に合わせた薬を選んでください。
この症状カテゴリのOTC薬:
鼻水・鼻閉
(点鼻)
(痰切り)
(咳止め)
(咳止めドロップ)
ページトップへ↑