あめいろぐの活動を
ご支援ください。

「あめいろぐ予防医学」

反田 篤志 (著, 監修), 青柳 有紀 (著)

「あめいろぐ」がついにシリーズ書籍化されました!

予防医学は、日本ではまだまだ発展途上です。本書では、最新の予防医学の知見に基づき、日本の現状に「本音」で切り込んでいます。食事・運動療法、禁煙指導、がん検診、ワクチン、感染症など、予防医学の重要項目を網羅した、ライトタッチの教科書として日々の診療に役に立ててください。

”この本はまさに、最新のエビデンスに基づく予防医学において、「シグナル・ノイズ比」を極限に高めた本といえます...日本国内の多くの病院が予防医学センターという名のもとに一般健診やがん検診を行っていることに対する、「あめいろぐ」ウルトラマンからの挑戦状です”

(徳田安春先生「推薦のことば」より抜粋)

推薦のことば (徳田安春)
まえがき (反田篤志)
著者紹介
あとがき (青柳有紀)
■ 第1部 予防医学
1章 そもそも予防医学とは何か…?(反田篤志)
1.「ところで,予防医学って何ですか?」
(http://ameilog.com/atsushisorita/2013/06/13/221448)
2.乳がん検診必要? 不利益もあります―内側から見た米国医療18
(http://ameilog.com/atsushisorita/2015/01/04/164439)
3.健康診断は必要? 米国ではやりません―内側から見た米国医療17
(http://ameilog.com/atsushisorita/2014/11/19/111841)
2章 食事療法による生活習慣改善(反田篤志)
3章 運動療法と生活習慣改善戦略(反田篤志)
1.3人に1人が肥満 普及する減量手術―内側から見た米国医療28
(http://ameilog.com/atsushisorita/2016/08/31/051833)
4章 禁煙指導とその有効性(反田篤志)
1.電子タバコとどう付き合うか―内側から見た米国医療15
(http://ameilog.com/atsushisorita/2014/08/17/105127)
5章 健康診断の検査項目や数値は果たして妥当なのか…?(反田篤志)
1.健康診断は必要? 米国ではやりません―内側から見た米国医療17
(http://ameilog.com/atsushisorita/2014/11/19/111841)
2.職員の健康増進へ 取り組む企業増加―内側から見た米国医療8
(http://ameilog.com/atsushisorita/2013/11/01/152336)
3.病院へいこう.一般小児科医へのかかり方
(http://ameilog.com/junsasaki/2013/06/23/222800)
6章 現在行われているがん検診に意味はあるのか…?(反田篤志)
1.乳がん検診必要? 不利益もあります―内側から見た米国医療18
(http://ameilog.com/atsushisorita/2015/01/04/164439)
2.これからの「正義(まさよし)」の話をしよう
(http://ameilog.com/atsushisorita/2012/05/03/205017)
7章 予防接種および各種ワクチンの有効性(青柳有紀)
1.「ワクチン情報集」
(http://ameilog.com/vaccine-info)
2.「DTap Vaccineジフテリア・破傷風・百日咳ワクチン」
(http://ameilog.com/junsasaki/2012/02/26/135620)
3.「Tdap/Td Vaccine破傷風・ジフテリア(・百日咳)ワクチン」
(http://ameilog.com/junsasaki/2012/02/29/080058)
4.「Varicella Zoster(Shingles)Vaccine帯状疱疹ワクチン」
(http://ameilog.com/miwakokobayashi/2012/03/06/080040)
■ 第2部 実臨床に直結した予防医学
8章 感染症(青柳有紀)
1.「感染症の魅力とは」
(http://ameilog.com/yukiaoyagi/2011/11/01/130717)
2.「Preventive Medicine Residency 2」
(http://ameilog.com/yukiaoyagi/2012/04/30/131111)
9章 心血管疾患(青柳有紀)
1.「新薬が既存薬より良いとは限らない―内側から見た米国医療30」
(http://ameilog.com/atsushisorita/2016/12/10/230316)
10章 整形外科(反田篤志)
1.もうけ過ぎ? 日米医師のお財布事情を比較―米国で医療従事者になってみた(5)
(http://ameilog.com/atsushisorita/2012/08/06/223931)
11章 精神科(反田篤志)
1.アメリカでの精神科受診に備えて①
(http://ameilog.com/maiuchida/2012/05/24/131050)
2.アメリカでの精神科受診に備えて②
(http://ameilog.com/maiuchida/2012/06/13/123411)
3.アメリカでの精神科受診に備えて③
(http://ameilog.com/maiuchida/2012/07/10/083049)
4.精神科治療,日米の違い
(http://ameilog.com/nanaokuzawa/2013/10/27/094938)
5.レジデントのメンタルヘルス
(http://ameilog.com/dryumi/2015/04/20/112111)
12章 実臨床でできる予防医療の注意点とコツ(一般外来) (反田篤志)
1.事前指示書が定着 日本でも普及可能―内側から見た米国医療22
(http://ameilog.com/atsushisorita/2015/12/12/084400)
2.口述でカルテ記録 医師の効率アップ―内側から見た米国医療12
(http://ameilog.com/atsushisorita/2014/06/22/105724)
3.自由の国だけれど予防接種は強制的―内側から見た米国医療23
(http://ameilog.com/atsushisorita/2016/01/02/085816)
■ 第3部 予防医学の関連領域
13章 リスク・コミュニケーション(反田篤志)
1.度重なる訴訟が米国医療にもたらすもの―米国で医療従事者になってみた(14)
(http://ameilog.com/atsushisorita/2013/05/13/205214)
2.積極的なカルテ開示は医療訴訟を減らすのか―米国の医療マネジメントを考えてみた(1)
(http://ameilog.com/atsushisorita/2015/07/26/040612)
14章 医療の質は予防医学とどうかかわるのか…? (反田篤志)
1.米国の医師も燃え尽きる?
(http://ameilog.com/atsushisorita/2017/05/01/120039)
2.発展する遠隔診療 効率良く資源活用―内側から見た米国医療24
(http://ameilog.com/atsushisorita/2016/02/20/021823)
3.高価なロボット手術 患者には利益なし?―内側から見た米国医療20
(http://ameilog.com/atsushisorita/2015/11/03/025613)
4.Preventive Medicine Residency 1
(http://ameilog.com/yukiaoyagi/2012/04/23/154418)
5.Preventive Medicine Residency 2
(http://ameilog.com/yukiaoyagi/2012/04/30/131111)
15章 予防医学を学ぶことの意義と,その学び方(反田篤志)
1.臨床現場の視点を学ばせる米国の予防医学プログラム
(http://ameilog.com/atsushisorita/2013/12/01/141607)
2.なぜ日本で公衆衛生学が流行らないのか
(http://ameilog.com/atsushisorita/2014/03/09/155547)
3.医学教育の日米比較 日本医師の強み・弱み―米国で医療従事者になってみた(18)
(http://ameilog.com/atsushisorita/2013/11/07/174227)