記事を探す

あめいろぐの活動を
ご支援ください。

ブログについて

最適な医療とは何でしょうか?命が最も長らえる医療?コストがかからない医療?誰でも心おきなくかかれる医療?答えはよく分かりません。私の日米での体験や知識から、皆さんがそれを考えるためのちょっとした材料を提供できればと思います。ちなみにブログ内の意見は私個人のものであり、所属する団体や病院の意見を代表するものではありません。

反田 篤志

2007年東京大学医学部卒業。沖縄県立中部病院で初期研修後、ニューヨークで内科研修、メイヨークリニックで予防医学フェローを修める。米国内科専門医、米国予防医学専門医、公衆衛生学修士。医療の質向上を専門とする。在米日本人の健康増進に寄与することを目的に、米国医療情報プラットフォーム『あめいろぐ』を共同設立。

反田 篤志のブログ
おすすめ
一般向け
2011/12/07

「あめいろぐ」がテレビジャパンで紹介されました!

12月3日のテレビジャパンで「あめいろぐ」が取り上げられました。映像はこちらからご覧になれます。

テレビジャパンクラブ

あめいろぐを開設してから一ヶ月が経ちました。各方面から反響をいただき、参加メンバーもどんどん増え、面白い記事が目白押しです。

今回テレビジャパンに取り上げていただいたのは、「米国在住の日本人に有用な情報を日本語で提供する」というサイトの目的に共感していただいたためです。日本から米国に来た方には、英語に不安がある方も多くいます。日常会話に不自由しなくても、医療のことを英語で調べようとしたり、英語で医師にかかるとなると一気にハードルが上がります。医師に自分の症状を的確に説明するのは日本語でも難しく、英語ならなおさらです。

米国で働いている医療従事者にとっても、米国に来たばかりのときの英語の苦労は忘れられません。医学英語は不自由なく使いこなせるようになっても、他の領域の英語(文学、映画、法律関係などなど)はとても難しいのです。一般の方が英語で医師とコミュニケーションする難しさ、それに伴う不安は十分に理解出来ます。

米国で日本人の医師を探すのは、ニューヨークなど特定の地域を除き難しいのが現状です。米国全体でも数えるほどしかいない専門科もあります。もちろん実際に自分の症状を相談できる医師が近くにいる方が望ましいのですが、今はインターネットの時代。距離は離れていても、すぐにつながることができます。

インターネットでは、個人的な質問に答えたり、実際に診察をしたりはできません。しかし、米国の内実を知っている医療の専門家が、インターネットを通じて皆さんのお役に立てることは多くあると思います。また、有用な医療情報を分かりやすく米国にお住まいの皆さんにお伝えすることは、日本を離れて働く医療従事者の使命の一つだと考えています。その可能性を追求するため、そして米国にお住まいの皆さんのニーズにお答えするために、このサイトは立ち上がりました。

あめいろぐ運営部では皆が知恵を出し合い、色々な可能性を検討しています。一般的な質問にお答えするQ&Aコーナー、お役立ち情報をまとめたページ、日本人医師のいる病院や診療所の紹介ページなど、アイデアは尽きません。どこまで実現していけるかは分かりませんが、本業をおろそかにしない範囲で頑張っていきたいと思います。

もしこのサイトの趣旨に共感した!ぜひ手伝ってみたい!という方がいらっしゃいましたら、いつでもこちらからご連絡ください。いつでも皆さんからの声をお待ちしております。それでは、今後とも「あめいろぐ」をよろしくお願いいたします。

ページトップへ↑